そらのおとを聴け♪ (人生の分岐点♪ 退職)

IT退職(定年)、音楽(70年代、ロック、ギター・etc)、DIY、SKI、生活

寒くなってきたので吹き抜けにビニール カーテン 取り付けた (吹き抜け寒さ対策)

暖房の季節になりましたね。

うちは毎年、暖房する季節になると吹き抜けにシートと言うか、カーテンみたいなのを張って、暖気が上に逃げない様にします(吹き抜け 暖房対策にカーテン、プチDIY)。

この前、高椅子に乗って、いつもの様に吹抜けに設置しました。ヽ(*゚∀゚*)ノ

吹き抜けといっても、リビングの一部分だけで面積は小さめ。それでも暖気は上にあがるので暖房効率が悪い(吹き抜けのデメリットは、この暖房効率の悪さですね)。

大きな吹き抜けなら、天井にシーリングファンを付けて、上に暖気が溜まるのを防ぐんでしょうけど、そんなオシャレなもんは無いし...。


👆横から見た写真

原始的に、細い突っ張り棒3本と透明のビニールシートを使って、吹き抜け部分に蓋をする事で暖気の上昇に対応してる。このビニールシート、遠目ではレースの布みたいに見えるやつで、見た目もそんなに悪くないかと。(👆どう?)

材料:

ビニールカーテン(👇の様なもの)

 の様に、ビニールだけど、ぱっと見がレース布みたいに見えるやつ。

突っ張り棒 (吹き抜けの幅に合わして。1.6m位) 3本
  色は白色が目立たない。けど木目もいいかも。
   吹き抜けのサイズによっては、もっと本数が必要かも

         https://amzn.to/3jZsrkr

透明なテープ(一般的なガムテープと同じ幅の)

少しだけ加工:
  1. 購入したビニールカーテンでは長さが足らなかったので、2つ買って透明テープで繋げて延長。2.の加工した後の長さが吹き抜けの長さより少し長めとなる様に。(設置した時、少し弛むぐらいが良い。幅も余裕をもって長めに)
  2. カーテンの両端を突っ張り棒が入る様に袋状にする。
    (端を折り曲げて透明テープで留めただけー)

設置:

吹き抜けの両端は、このビニールカーテン両端の袋状にした所に突っ張り棒を通して、壁の間を突っ張る。

真ん中も、突っ張り棒でカーテンを下から支える。


👆別の角度から

効果は

ビニールカーテンと壁の隙間から若干の暖気は上に漏れてる様だけど、無いよりはマシかなー。

我が家は、吹き抜けにカーテンを取り付けたら「冬が来た!」、
このカーテンを取り外したら「春が来た!」と言う感じ。

同じ様な吹き抜けの暖房効率で困ってる方は、ご検討ください。
特に灯油ストーブの熱気の上昇気流は半端ないので。

まあ、大きな吹き抜けだと無理があるかもね。普通にシーリングファンにした方が良いでしょう。

ちなみに、最初は大きな布で仕切ってた。布の方が扱いは楽。
(ビニールはゴワゴワして扱いにくい)
ただ、布は面積が大きいと案外重いのと、吹き抜けの上の窓からの光が遮られて少し暗くなるので、我が家では布からビニールカーテンに変えた。けど、大きな吹き抜けだったら、布の方が楽に設置できるかも。

色々お試しを。

追伸:
暖房した部屋で、ビール🍺飲みながら、ワールドカップ⚽サッカー観るのが最高ですね。テレビやfireTVで楽しんでます。

スペインに勝ったし👏👏👏 決勝トーナメントが楽しみ!